医療秘書と医療事務の違い

医療秘書とは、一般企業における秘書業務に近いと考えると分かりやすいでしょう。

医療秘書の仕事内容は?

どの上司につくかによっても仕事内容が変わりますが、
具体的にはスケジュール管理、来客対応、学会などへの同行、
外出や出張の手配、電話対応、資料作成など様々な業務を行います。

医療秘書に必要な知識やスキルは?

医療秘書の仕事内容をお伝えしましたが、
どんな知識やスキルが必要なのでしょうか。

医療事務と同じく、受付、会計、レセプト作成の知識のほかに、
資料作成できるパソコンスキル、普段耳にする医療用語や学会で使用する医療用語に関する知識、
上司によっては語学力が必要となり、医療事務よりも専門的な知識を求められます。

医療秘書の求人状況は?

医療秘書に求められる要素をお伝えしましたが、
求人状況はどうでしょうか。

正社員の求人はかなり少なく、雇用条件がパートという病院が多いので、
正社員の条件を譲れないならば、ほかの医療系の仕事も含めて活動した方が良いでしょう。

医療事務の仕事内容は?

医療秘書についてお伝えしましたが、医療事務の仕事内容をご紹介します。

医療事務の仕事は、受付、会計、レセプト業務、患者さんへの対応などで、
常に特定の上司について共に行動する職種ではありません。

医療事務に必要な知識やスキルは?

医療事務の仕事内容をお伝えしましたが、どんな知識やスキルが必要なのでしょうか。

最近医療現場でもIT化が進んでいますので、パソコンスキルが求められています。
そのほか、レセプト作成などの基礎知識はある方が良いですが、
患者さんと直接接する病院の顔となる存在なので、
患者さんのことを第一に考えられることが重視されます。

医療事務の求人状況は?

医療事務で働く上で必要な要素をお伝えしましたが、
求人状況はどうでしょうか。

求人数は多いですが応募者の数も増えていますので、
経験が少ないうちは雇用形態にこだわらないようにするなど、
選択の幅を広げておいた方が良いでしょう。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る