医事管理士資格認定試験

資格をもって働くのは、資格を持っていない場合と違って仕事内容にも、自分のやる気にもつながってくる部分となります。
ここでは、医事管理士について、ご紹介していきたいと思います。

資格の概要・特徴

医事管理士は、医療機関で医療事務の処理をしながら、医療事務全般の管理を担当するお仕事です。この仕事の技能を認定するのが医事管理士資格認定試験です。

医事管理士は自分の仕事だけをするのではなく、医療事務として働いている人全てのスキルや仕事内容を理解しておく必要があり、きちんとマネージメントするという立場の人を指します。

この資格を取得しておくことで、将来的に事務長や医事課長への昇進を望める資格でもあるります。

運営者

一般財団法人 日本病院管理教育協会および大学・短期大学医療教育協会

受験資格

医事管理士資格に関しては日本病院管理教育組合が指定する機関で必修と定められた5つの講義を受け、そこで初めて受験資格を得ることが出来ます。

受験日

年に二回行われております。
日程については日本病院管理教育協会のサイトにて告知されておりますので、受験を希望される方はそちらをご確認ください。

試験内容

試験の詳細は全国統一試験の都度発表されます。

予備知識

医事管理士資格認定試験は年に二回行われます。全国統一の試験であることから客観性が高いといわれており、きちんとした資格として証明することも出来ます。

試験を受ける前に指定校での講義受講が必須となっているため、
年に二回の試験でも合格する確率は約85パーセントと高くなっています。

受験会場も医療教育組合が指定する大学や短大で受験することとなります。ここで、気を付けておきたいのが、医事管理士資格認定試験に合格した場合はきちんと資格取得の申請をする必要があります。

就職するときに必要なものでもあるため、合格に浮かれることなく合格後にやるべきことも頭に入れておく必要があります。申請をし、受理されてからでないと医事管理士資格は名乗れないのです。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る