医療事務の仕事が大変な科と楽な科

病院に勤務した場合、医療事務の仕事にはどんな特徴があるのでしょうか。

病院勤務の特徴は?

大学病院や総合病院など規模の大きな病院では、数多くの患者さんが来院するので、
医療事務の仕事を分業制しているところがほとんどで、
処理件数も相当なことから担当する業務に関しては高い専門知識を得ることができます。

一方で、医療事務の仕事の全体の流れを学ぶことができない可能性がありますので、
配置転換制度などを活用して業務の幅を広げていくと良いでしょう。

クリニックや診療所の特徴は?

病院勤務の特徴をお伝えしましたが、クリニックや診療所にはどんな特徴があるのでしょうか。

限られた人数で処理をこなしていくので、様々な業務を担当することができ、総合力を身につけることができます。
しかし、特定の科のみ診療しているところが多く、色々な科の仕事を経験できないこともあります。

歯科医の特徴は?

クリニックや診療所の特徴をお伝えしましたが、歯科医にはどんな特徴があるのでしょうか。

歯科医の場合、医療事務だけでなく助手として医師の補助を行うこともあります。
また、自由診療がありますので、歯科医ならではのレセプト作成知識や
専門知識などが必要になることもあります。

楽な診療科は?

勤務先の特徴をお伝えしましたが、医療事務の仕事で楽な診療科はどこでしょうか。

一概にいえませんが、診療所やクリニックで
比較的楽な診療科は眼科、内科、整形外科などです。
患者さんが朝早くから来院することが多いので、
混んでいても比較的定時にあがりやすい場合もあります。

大変な診療科は?

比較的楽な診療科をご紹介しましたが、大変な診療科はどこでしょうか。

耳鼻咽喉科や小児科などです。
お子さんが自分ひとりで通院できるわけではないので、
親御さんの仕事が終わった後に来院するケースが多いので、
残業になることもしばしばあります。

働きやすい診療科に就職するために

希望する診療科が決まっても、人気の診療科は求人倍率が高く、なかなか面接を通らない場面に出くわすかと思います。
他の就職希望者と差をつけるためには、医療事務の資格を取得しているかどうかがポイントになってきます。
特に、すでに医療事務職で働いている方には幅広く認知され権威の高い「診療報酬請求事務能力認定試験」の取得がカギになってくるでしょう。
また、初めて医療事務職を目指す方も、実務の前に医療事務がどんな仕事なのか理解するため予め勉強をしておくべきです。
今の仕事や学業、子育てを続けながら医療事務の勉強をしたいと考えている方には、時間の合間を縫って少しずつ学べる通信講座での勉強をお勧めしています。
特に、あなたのスタイルに合ったコースを選べる医療事務講座を下のリンクから紹介しています。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る