医療秘書管理実務士

医療秘書管理実務士の資格を取得することで仕事の幅が広がり、多くの仕事を任されるようになります。やりがいを目指すために資格について知っておきましょう。

医療秘書管理実務士とは

医療機関において、医療分野と事務分野が円滑に仕事をすることが病院内がスムーズに回る方法であるといわれています。そのため、事務分野の多くを担う、医療秘書がとても大切な役割となってきます。
医療秘書管理実務士はその中で医学の知識を持った秘書として医療や福祉分野で期待されている資格となっています。

医療秘書管理実務士を取得するには

医療秘書管理実務士の資格を取得するためにはまず、医療機関で医療事務職または医療秘書として現在働いていたり、これから働く準備をしていることが必要となってきます。
実務経験があれば、資格をするに利用することが出来るため、病院としても即戦力となり、どちらにとってもプラスとなります。
受験資格は問われていないため、誰でも受けることが出来ますがそれでも、上記で述べたような人材を中心に毎年受けられているのが最近の傾向となっています。

医療秘書管理実務士の試験内容は

医療秘書管理実務士の資格は2級と1級の2種類あります。2級に合格しなければ、1級を受験することは出来ませんが条件次第では併願も可能とされています。
2級の試験は学科とレセプト作成の実技があります。学科は医療秘書に関しての内容から、医療についての内容まで幅広い問題となっており20問出題されます。
1級の試験は2級の内容と全て同じ学科となっていますが、出題内容が難しくなっておりより対応できるものが多くなければいけないとされています。
試験は年に3回行われており、全て在宅試験でありながらも合格率は2級、1級ともに60パーセントほどしかおらず、それだけ難しい問題が出題されることが多いといわれています。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る