認定医師秘書試験

ここでは、認定医師秘書試験(医師事務作業補助業務実務能力認定試験)について、ご紹介していきたいと思います。
認定医師秘書試験の難易度を知り、しっかりと勉強して資格合格を目指していきましょう。

資格の概要・特徴の概要

厚生労働省が定めた平成20年度診療報酬改定の基本方針によって、勤務医の負担を減らすために、勤務医の事務負担を担う人材が必要となりました。
それがこの認定医師秘書にあたる業務となります。医療事務だけでなく、医療全般の知識も必要となるこの資格はある程度の実務経験とそれに伴う知識がなければ取得が難しい試験となっています。

運営者

特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)

受験資格

この試験の受験には医療機関に医師事務作業補助者として従事している方、従事しようと準備している方が対象となっており、誰でも受験することが出来ないものです。
それは、それだけとても重要な役割を担う資格であるからです。

試験を受けるには、教育機関で認定医師秘書講座についての単位取得が必要で、医療機関で医師事務作業補助職として6ヶ月を超える実務経験があり、実務経験保有者と確認が取れることが必要となっています。この中の実務経験には医療事務、経営・管理に関する事務、そして看護・診療補助等は該当しないため、理解しておきましょう。

受験日

試験は年に4回、在宅で試験を受けることができます。

認定医師秘書試験の試験内容は

この試験は学科と実技(明細書作成)の二つに分かれています。

学科は医療関連法規で、医師が学ぶ内容のもの、そして医療保険制度について、医学・薬学一般に関しても出題されます。それから、診療録及び電子カルテについて、個人情報保護も入っています。最後に医師事務作業補助業務と医療人としての接遇マナーとなっています。これらは、とても幅広い範囲であることから難問が多いといわれています。

実技は診療録・処方せんの作成、各種診療書・証明書・申請書の作成を実際に行います。試験の合格率は20パーセントと言われているほど難関試験となっています。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る