保健医療ソーシャルワーカー認定試験

ここでは、保健医療ソーシャルワーカー認定試験について、ご紹介していきたいと思います。
保健医療ソーシャルワーカー認定試験について、詳しい内容を知ることで将来の仕事や自分の進むべき道を見つけることができるでしょう。

資格の概要・特徴

この資格は、既に病院関連の施設で働いている人が取得することが多い資格です。入院患者や家族が入院費用や生活費に困っている場合、保険や治療費の減免制度をアドバイスする立場となれる資格であることから、困っている人を助ける役目を行うことが出来ます。また、お金の問題だけではなく、人間関係の問題や退院後のケアなども相談に乗ることが出来るため、病気をして入院している人の不安を軽減できる大切な役割を示すことが出来ます。

運営者

一般社団法人 医療教育協会

受験資格

この資格を取得するためには、医療教育協会が指定する教育機関で、必要科目を学び、単位を取得する必要があります。
必要科目は社会福祉論、医学一般、患者管理論そして医療管理学に臨床栄養学総論があります。
また、医療保障制度論や情報処理、児童福祉・老人患者論も必要取得科目です。

これらの単位を取得したら、資格試験に受験することが可能となります。
受験料は5000円となっており、試験会場は単位取得をした教育機関などの、会場で受験します。

受験日

年に二回行われています。

試験内容

■資格試験科目
・社会福祉
・医学一般
・医療秘書実務(患者管理・患者接遇・患者心理)
・医療管理学(医療法・医事関係法規・医療保険制度)
・情報処理・実技

この資格の試験内容は、上記で述べた必要科目の中から出題されます。しっかりと教育機関で学んでいれば難しいとは言えない問題ばかりです。
そのため、毎年の合格率も高いものとなっています。
これから、さらに高齢者が増え病院にはたくさんの入院患者が現れます。全員が簡単に入院出来るような境遇にあるわけではないため、一人一人の違いをしっかりと理解し相談に乗ることがこの保険医療ソーシャルワーカーには必要なのです。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る