ホスピタルコンシェルジュ®検定試験

ここでは、ホスピタルコンシェルジュ®検定試験について、ご紹介していきたいと思います。
ホスピタルコンシェルジュ®は受付だけにとどまらず、患者さんと触れ合う機会のある仕事です。
ホスピタルコンシェルジュ®としてのやりがいを感じるために、色々な勉強をして自信を持って働ける環境を準備しましょう。

資格の概要・特徴

現状の医療機関では、大病院であると診療してもらうために様々な部門を通り、お会計に進むまでにはややこしいと感じる人がたくさんいるといわれています。特にお年寄りが多い日本では、スムーズに診療してもらうことが簡単ではないため、これが課題として各病院で考えられています。

その時にその悩みを解決できるのがホスピタルコンシェルジュ®となります。受付や、会計、カルテ管理など、オールラウンドで働ける人材こそが病院をうまく回すことが出来るのです。

運営者

技能認定振興協会

受験資格

このホスピタルコンシェルジュ®の資格試験は受験資格がないため、誰でも何歳でも受けることが出来ます。
そして、これには3級から1級までの資格があるため、どんどんとスキルアップさせていくという目標にもなるでしょう。

試験内容

3級は学科のみの試験で、選択式と記述式問題が出題されます。

2級になると学科と実技に分かれ学科が合格してから実技を受けることが出来ます。両方に合格して初めて1級の試験を受ける権利が与えられます。

1級も学科と実技に分かれており、学科を合格してから実技試験という形は変わりません。
実技はロールプレイングもあるため、実際に患者さんに対応している様子を見られます。どの試験も50パーセント以上の正解率で合格となります。合格すると各級共に認定合格証が発行されます。
■出題範囲
◇記述式問題
・医療機関における接遇(病院接遇の基本・応用、電話応対、医事担当者としての心構え等)
・医療人としての一般常識・専門知識(医療保障制度、診療報酬等の知識、医療関連法規等)
・医療界の動向、原価管理等

◇実技
・ロールプレイング(15分程度)

予備知識

ホスピタルコンシェルジュは、対応力と、スピード力が患者さんから見られる資格です。多くの病院がある日本では、今や患者さんが医者を選ぶ時代になっているため、このホスピタルコンシェルジュの働き方こそが、病院を運営していくとっかかりになると言っても過言ではないほどです。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る