受付の業務内容

病院によって仕事内容が違う部分もありますが、一般的な受付の細かい業務内容をお伝えします。

受付の仕事内容は?

受付では、
来院した患者さんから診察券や保険証を受け取りますが、初診と再診かによって仕事の手順が違います。

初診の患者さん場合、問診票の記入を依頼し、
住所、氏名、生年月日、病歴などの情報をもとに、診察券とカルテを作成します。

再診の患者さんの場合、規模の大きな病因などでは自動で受付を行うところもありますが、
診察券を受け取ったあと、内容の確認後カルテを用意します。
また、月が替わるごとに保険証を提出してもらい、
保険の種類や会社名などに変更がないか確認を行い、
変更があったときはカルテの情報を更新します。

診察が終わった患者さんの一部負担金を計算し、会計作業を行います。

そのほか、具合が悪くなった患者さんの対応や診察室・検査室などへの案内などの業務も行います。

受付業務に求められるスキルとは?

受付は、患者さんが医療機関に訪れて初めて接する場所です。いわば、病院の顔ともいえます。
患者さんは、何かしらの症状を抱えて来院しますので、
受付担当者の対応が悪かったり、表情が暗かったりすれば、
患者さんにも影響を与えてしまいます。

明るく笑顔で、誠実に接することで、患者さんを励まし、
医師や看護師の治療が円滑に進む手助けになるのです。

また、受付では訪れる患者さんの状況に合わせ、
臨機応変に対応しなければなりません。
相手の立場に立ち、思いやりを持って柔軟に対応することが求められるため、
高いコミュニケーション能力や、柔軟な発想と即応力、などのスキルが必要となります。

地域の診療所やクリニックでは、患者さんがかかりつけで何度も来院することがあります。
そこでは、患者さんの特徴を覚えることが大切です。

受付業務で注意することは?

受付は、常に患者さんの立場に立って、
きめ細かい気配りと思いやりを持って接することが大切です。
私情で嫌な事があっても、仕事に持ち込むことは許されません。
明るく笑顔で接することです。

また、カルテに患者さんの基本的な情報を記入する患者登録はとても重要な作業となり、
間違えないよう注意が必要です。
登録を間違えてしまうと、誤った内容のレセプトが審査機関に提出され、
その結果、医療機関に戻ってきてしまいます。
提出したレセプトが戻ってくることを「返戻」といい、
診療費が入金されなくなるので、
再提出しなければなりません。
大きな病院では患者登録の数も多く、迅速で的確に処理できるスキルが必要です。
そのため、医療事務職員の質が問われる部分と言えます。

会計では、レジの操作・金銭のやり取りが行なわれるため、
お釣りや金額を間違えないよう、細心の注意が必要です。
また、時間がかかれば窓口の混雑を招くことになりますので、
迅速でかつ正確に計算をしなければなりません。

受付業務のやりがいは?

受付業務の仕事内容をお伝えしましたが、仕事上のやりがいは何でしょうか。

受付業務は、たくさんの方と接する機会が多い部署なので、
毎日同じことの繰り返しというわけではなく、日々緊張感を持って仕事をすることができます。
患者さんから名前を憶えてもらえたり、患者さんが求めている接客をすることで
感謝の言葉を伝えてもらえることもあるので、人の役に立っているという実感を味わうことができます。

受付業務の大変なことは?

受付業務のやりがいをお伝えしましたが、大変なことは何でしょうか。

患者さんと一番近い場所にいるのが受付の職員なので、待ち時間が長い、
子供がうるさいなど数多くのクレームや要望が集中することがあります。
予想のつかない事が起きる場合もありますし、1つ1つのマニュアルはありません。
その時々の状況に合わせて対応しなければいけないため、
持っている知識と経験を生かし、解決していく事になります。

受付業務で身につくことは?

受付業務には大変な部分もあることをお伝えしましたが、身につくことは何でしょうか。

医療事務に関する知識を身につけることができますが、
歯科医など勤務先によっては診療補助などの業務を行うところもあり、
医療事務以外の経験を積める場合もあります。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る