デンタルアテンダント検定試験

デンタルアテンダント検定試験を受けることで、歯医者で働く仕事内容が変わってきます。どういった資格であるのかを知りましょう。

デンタルアテンダント検定試験とは

日本で一番多い病院が歯医者であるといわれているのに、歯科衛生士や歯科助手は慢性的に不足しており悩まされているのが現状です。それらを打破するために、歯科助手検定試験のデメリットをクリアにし、歯科助手よりも取りやすい資格としてデンタルアテンダント検定試験が存在します。
必要な知識と、実技を兼ね備えすぐに現場で働けるような人材を作るために設けられた検定試験となっており、多くの人が試験を受けています。

デンタルアテンダント検定試験の概要

この試験では、歯科クリニックで必要な技能を取得するために、基本的な器具の名前や、患者さんとの接し方、歯についての勉強が必要です。これらは、自分で勉強してもよいですが通信講座を開講している機関もあるのでそれらを利用するのも一つです。
実際に歯科クリニックで働きながら取得する人もたくさんいるので、今の働き方をスキルアップさせたい人にとっても利用しやすい資格です。
学科は在宅で、実技は後日の試験となるので、少しずつ勉強が出来ます。

デンタルアテンダント検定試験の内容

この試験では、ベーシック学科試験、ベーシック実技試験というものがあり、これらが合格するとデンタルアテンダントとしての資格を取得できます。
また、ベーシックを取得した後、講習会を受講するとステップアップすることが可能で、更にインストラクター試験や、マスターインストラクター試験という段階に進めます。
これらは実務経験があり、働いている病院からの申し込みが必要となる場合があるので、しっかりと真面目に仕事をすることもとても大切な要素です。
在宅受験で学科を行って、しっかりと実技は働きながら取得していくことが大切です。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る