診療情報管理技能認定試験

診療情報管理技能認定試験に合格するために試験について詳しい内容や、対策を練っていきましょう。

診療情報管理技能認定試験とは

診療情報管理技能認定試験はメディカル・レコード・コーディネーターとして働くために、資格を取得する試験です。
病名コーティングの能力を身に着けて、職業能力の向上と、社会的職業地位を向上させることが目的とされています。
働きながら、さらにスキルアップしていくことで、病院にとっても自分自身にとってもよい人材が育ち、仕事にもやりがいをもてるようになるのです。

診療情報管理技能認定試験の概要を知る

メディカル・レコード・コーディネーターの称号を得て、診療情報管理業務の専門家という証明を得ることで、仕事もしやすくなります。
受験資格は問われることはありませんが、1級メディカルクラーク(医科)もしくは1級医療事務職(医科)であって、 診療情報管理業務に3年以上の実務経験を有する者または診療情報管理技能認定委員会が前各号と同等と認める者とされているものもありしっかりとした知識を兼ね備えていなければ合格が難しいので事前準備が必要です。
試験は年に三回、都道府県の公共施設などで行われます。試験は7500円必要で、試験日2か月前から2週間前までが受付期間となるので忘れないように申込しましょう。

診療情報管理技能認定試験の試験内容とは

試験内容は学科試験と実技試験2種類の3つに分かれています。学科試験では診療情報管理知識を択一式で20問を50分で解きます。そして実技Ⅰでは病名コーディング基礎知識を25問60分で、そして実技Ⅱでは病名コーディング専門知識を20問70分で行うこととなっています。
細かく分かれた分類の問題から出題されますので、事前の準備がなければとても難しい資格です。
年に3度チャンスはあるので、しっかりと計画を立ててスケジュールを立てましょう。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る