診療情報管理士認定試験

診療情報管理士認定試験を受験するにあたり、準備が必要なもの、心構えなどを理解できるようにしておきましょう。

診療情報管理士認定試験とは

診療情報管理士認定試験は民間資格として昭和49年から資格として使われているとても歴史のあるものです。
しかしながら、まだ社会的認知が少なく認定者は日本で約二万人ほどしかいません。
せっかくの資格であるため、認知度を上げていく努力がされていることから診療情報管理士を専門技術職として確立し、診療情報管理士の地位向上をはかる一環として、診療情報管理士の資格を国家資格とすることを目指しています。そのため、平成19年には卒業試験としていたものが、認定試験と変更になったので出題問題もレベルアップしています。
これからもどんどん変化のある資格であるともいえます。

診療情報管理士認定試験の概要は

診療情報管理士認定試験は年に一度2月に行われます。全国16会場のみでの開催であり、受験料は1万円、認定料は3万円が必要となります。
受験資格もあり、日本病院会が開講している診療情報管理士通信教育を
修了した者、日本病院会の指定校である大学や短期大学などで指定単位を取得し、修了した者とされており、単位を取得することが必要となっています。

診療情報管理士認定試験の内容について

診療情報管理士認定試験は基礎分野、専門分野、分類法の3分野でのテストとなります。基本的に、テストは通信教育や各大学などで学んだ内容がそのまま出されるので、しっかり受講できていると問題のない試験となっています。
それでも、近年の合格率は50パーセントを切ることも多いためしっかりと事前準備をしておかねばならないです。
全てマークシート方式での出題となっており、3つの分野全てが合格ラインに達していなければ、資格取得にはならず、次回の試験も3つとも受け直しとなるので一度での合格を目指して勉強しましょう。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る