調剤事務管理士技能認定試験

医薬分業が進み始めてから、調剤事務管理士は人気の資格となっています。調剤事務管理士は、保険調剤薬局での薬剤師のサポート、処方箋の受付、会計、保険請求分のレセプト作成などの事務全般を担当します。ここでは、調剤事務管理士技能認定試験について、ご紹介していきます。

資格の概要・特徴

調剤事務管理士の資格は、保険調剤薬局の受付けや会計、レセプト業務などを担当する事務スタッフのスキルを証明することが可能です。処方せんの内容から調剤報酬を計算するスキルは専門性が高く、調剤事務管理士の有資格者は、全国の保険調剤薬局で高く評価され、就職の際にも有利になります。

運営者

株式会社技能認定振興協会(JSMA)

受験資格

受験資格は特になく、年齢制限もない為どなたでも受験できます。

試験内容

学科試験は、医療保険制度、公費負担医療制度の知識、保険請求事務の知識、薬の基礎知識となっていて、実技試験は、レセプト点検問題、レセプト作成 となっています。学科試験は70点以上、実技試験は70%以上の合格基準に達した場合に合格と判定されます。調剤事務管理士の試験は書籍の持ち込みも可能であり、暗記も必要ありません。

試験日

奇数月の第4土曜日に実施されています。

勉強方法

調剤事務管理士技能認定試験の合格率は、60%前後で比較的難易度も低い為、女性の間で人気の資格となっています。在宅受験が可能であり、資格を習得するための学習期間は、短い人で1ヶ月程度、長い人でも4ヶ月程度の学習で試験に合格されている方が多いようです。

独学でも合格可能な内容ではありますが、確実に合格したい方や、自分主体の学習ではモチベーションが上がらない方、参考書や過去問題を読んでみて理解出来ない箇所が多い方は、通信講座や通学講座を受講した方が良いでしょう。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る