薬剤情報担当者

薬剤情報担当者は、2009年の薬事法の改訂で一般市販薬の販売拡大に伴う知識活用や、健康維持・管理を求める、より高度なサービス提供を行えるスキルアップの資格として活用できる認定資格です。 ここでは、薬剤情報担当者資格についてご紹介していきます。

資格の概要・特徴

薬剤情報担当者資格とは、一般市販薬を取り扱う小売・サービス業の従事で求められる医学、薬理学、代概医療や心理学(コミュニケーション)について一定の基礎知識を有すことを証明します。

主にドラッグストア、小売・健康関連サービス業に従事している方、従事しようと準備している方や、登録販売者を目指している、従事している方などが対象となります。

運営者

医療福祉情報実務能力協会

受験資格

調剤情報実務能力認定試験合格者、又は旧調剤情報実務能力検定2級合格者。
医療福祉情報実務能力協会において、薬剤情報担当者の受講修了をした者。
一般医薬品や、健康に関わるサービスの一環で相談があった場合の対応などの業務の経験が勤続年数1年以上あり、医療福祉情報実務能力協会規定の実務経験証明書において、実務経験者と確認が取れる者。

試験内容

学科試験が30問あり、「医科薬科学」(生化学基礎、医学基礎、病院環境衛生学、薬理学)と「応用医療学」 から出題され、試験は在宅試験のみとなっています。

試験日

年3回(3月、7月、12月)実施されています。

勉強方法

薬剤情報担当者資格の近年の合格率は58%ほどで、比較的難易度の低い資格になります。しかし、出題範囲は医学知識に基づく薬理・薬剤学、病理学、代替医療知識、コミュニケーションスキルなどと、大変幅広くなっています。通信教育講座などを利用して、医学基礎や薬理学基礎、栄養素や漢方などの応用医療の基礎知識を学ぶと良いでしょう。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る