介護事務管理士技能認定試験

介護事務管理士は、介護サービスを提供する様々な事業所で介護に要する費用を請求したり、ケアマネジャーの業務をサポートしたりします。利用者様に対する接遇力ももちろん必要ですが、ケアプラン内容を確実に把握し、正確に介護報酬を計算する知識とスキルが重要です。ここでは、介護事務管理士技能認定試験についてご紹介していきます。

資格の概要・特徴

介護事務管理士技能認定試験で資格を取得すると、サービス事業所の受付けや会計、レセプト業務などを担当する事務スタッフのスキルを証明することが可能です。また、介護事務管理士は、全国のサービス事業所で必要とされる人材で、業務内容も幅広くなっています。介護事務管理士の有資格者は、福祉機関で高く評価されていますので、就職の際に有利に働きます。

2000年に日本初の介護事務者の資格試験としてスタートした介護事務管理士技能認定試験は、全国の福祉業界で認知され、有資格者が全国で活躍しています。

運営者

技能認定振興協会

受験資格

特に受験資格はありませんので、どなたでも受験することが可能です。

試験内容

実技試験は、介護給付費明細書の作成(介護給付費明細書を作成するために必要な知識)となっています。学科試験は、 筆記(択一式)法規(介護保険制度、介護報酬の請求についての知識) 介護請求事務(介護給付費単位数の算定、介護給付費明細書の作成、介護用語についての知識)となっています。
なお、試験には資料の持込が可能です。

試験日

奇数月の第4土曜日

勉強方法

介護事務管理士技能認定試験の合格の秘訣は、たくさんのレセプトを書いてレセプトの作成に慣れておくことです。繰り返し行うことで、カルテの読み取りやレセプト作成上のポイントやコツが身につきます。また、過去試験問題集やテキストを利用したり、受験対策セミナーや自宅模擬試験も活用すると良いでしょう。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る