介護保険事務管理士資格認定試験

急速に進む高齢化とともに必要になってきた介護サービスが安心して受けられるように、平成12年より「介護保険法」が施行されました。介護保険管理士は、保険機関等への介護報酬給付請求や、介護施設の経営や介護施設への適切なアドバイスなどを行うことにより、介護社会での重要な役割を担っています。ここでは、介護保険事務管理士資格認定試験についてご紹介していきます。

資格の概要・特徴

介護保険事務管理士資格認定試験は、介護報酬の給付請求を中心とし、その他に介護施設の経営や介護施設利用者のサービス向上などについて適切なアドバイスを行うことを仕事とする「介護保険事務管理士」を認定するものです。

介護保険事務管理士資格を取得するには、認定団体である財団法人日本病院管理教育協が指定する教育指定校での履修が必要です。

運営者

財団法人 日本病院管理教育協会

受験資格

財団法人 日本病院管理教育協会が指定した教育指定校に通学し、介護事務に必要な専門知識を養います。その上で、年に2回行われる資格認定試験を受験してこれに合格し、資格の認定申請をすることが必要となります。

試験内容

介護保険制度論、介護レセプト記載要領、介護報酬算定、医療保険との関係、医学管理学

試験日

年2回(11月、12月に実施)

勉強方法

財団法人日本病院管理教育協が指定する教育指定校での必修科目は、介護保険法制度論、介護報酬記載要領、介護報酬算定実務(算定と請求方法)、.医療保険との関連、.医療管理学(医療関係法規)です。介護保険事務管理士資格認定試験に合格するには、教育指定校において、必修科目をしっかりと勉強する必要があります。
介護保険事務管理士資格認定試験の合格率は85%なので一般的な資格試験に比べて高い方ですが、受験する機会が限られていますので、徹底的に受験対策をするようにしましょう。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る