ケアクラーク技能認定試験

急速な高齢化が進む日本では、多くの介護施設などで社会福祉制度や介護報酬請求事務などに関する知識と技能が必要とされています。ケアクラーク技能認定試験の合格者には「ケアクラーク」の称号が付与され、この称号は、介護報酬請求事務業務はもちろん、コミュニケーションや社会福祉、介護技術など、介護事務職として求められる知識と技能を備えていることを証明するものです。
「ケアクラーク」に認定されるメリットは、就職の幅が広がるということです。ここでは、ケアクラーク技能認定試験についてご紹介していきます。

資格の概要・特徴

ケアクラーク技能認定試験は、介護事務業務に従事する者の有する知識および技能の程度を評価・認定し、職業能力の向上とその社会的経済的地位の向上に資することを目的とします。既に介護事務職として業務に従事されている方の技能の確認や証明にも活用されている資格です。

運営者

一般財団法人日本医療教育財団

受験資格

受験資格は特にありませんので、どなたでも受験することが可能です。

試験内容

学科試験は、介護事務知識に関する25問の筆記試験(択一式)、実技試験は介護給付費請求事務、介護給付明細書作成に関する2問です。学科試験および、実技試験の各々の得点率が70%以上を合格とされます。なお、学科試験では、テキストや資料の持込が可能です。

試験日

年6回(2月・4月・6月・8月・10月・12月に実施)

勉強方法

ケアクラークの問題集やテキストは、各養成機関や通信講座・教育などで提供されますので、それらをしっかりと繰り返し学習しましょう。また、ケアクラーク技能認定試験は、通学・通信どちらでも勉強することができます。介護保険制度に馴染みのない方にはとても難しく感じられることが多いので、実務経験がなく独学で勉強するには、かなり根気が必要とされます。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る