福祉事務管理技能検定試験

福祉事務管理技能検定試験は、社会保障制度全般と介護保険制度に関する知識と、介護報酬請求事務の能力を持つ人材を評価する資格です。介護事務関係の資格は多くありますが、福祉事務管理技能検定試験に合格すると介護事務の資格を取得したのと同じようにみなされるために、近年人気の資格となっています。

主な受験対象者は医療秘書関連学科及び福祉関連技能職養成学科の学生、又は医療機関及び福祉関係施設の実務者になっていますが、一般の人も受験可能です。
ここでは、福祉事務管理技能検定試験についてご紹介していきます。

資格の概要・特徴

現在では、社会保障制度全般の知識を有し、介護保険制度と介護報酬請求事務の能力をもつ優秀な人材が 医療機関及び社会福祉施設からも望まれています。「福祉事務管理技能検定試験」は、福祉関連機関における、事務担当者として、基礎的知識と技能を有し、業務を専門的に遂行できる能力を評価するものです。

運営者

一般社団法人医療秘書教育全国協議会

受験資格

受験資格は特にありませんので、どなたでも受験することが可能です。

試験内容

学科試験のみで、Ⅰ)社会保障、社会福祉制度、Ⅱ)老人・障害者の医学と心理、 介護の基礎、Ⅲ)介護保険制度、介護報酬請求事務となっています。
領域I、II、IIIの三つの領域の正解の合計が全体で180点以上ある者のうち、それぞれの領域の正解が、60%以上の場合、合格となります。

試験日

年2回(6月と11月に実施)

勉強方法

福祉事務管理技能検定試験の講座の通信教育やスクールが充実していますし、独学で合格を狙う人は、建帛社より検定対応テキストが発売されてますので、それで繰り返し勉強されると良いでしょう。福祉事務管理技能検定試験の2級、3級は、一般社団法人医療秘書教育全国協議会の事務局にて模範解答付の過去問題を過去5回分販売されています。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る