介護保険請求事務者

平成12年から介護保険が始まり、医療機関及び介護施設の介護保険請求事務は、大変重要な業務となっています。介護保険請求事務者の認定試験は、介護保険制度の知識が問われるだけでなく、介護給付費明細書・公費・福祉の知識、診療報酬算定の知識なども問われる医療医務資格です。介護保険請求事務者は、医療機関、介護関係の施設で、すでに勤めている方のステップアップに取得するにも最適な資格となっています。
ここでは、介護保険請求事務者の認定試験についてご紹介していきます。

資格の概要・特徴

介護保険請求事務者の認定試験は、介護保険制度の知識やその他関連法規、介護給付費明細書、公費、福祉知識などが問われます。レセプト作成の実技試験もあり、診療報酬算定上の知識も必要です。介護保険請求事務者の認定試験は、近畿地方を中心に現在は2級のみ実施されています。

運営者

全国医療関連技術審査機構

受験資格

受験資格は特にありませんので、どなたでも受験することが可能です。

試験内容

介護保険請求事務者の認定試験は、筆記試験が「介護保険制度の知識」(正誤形式)、実技試験が「介護給付費明細書・公費・福祉の知識、診療報酬算定上の知識」(居宅4枚、施設2枚)となっています。なお、試験会場へは「電卓」「教材」の持ち込みが可能です。

試験日

毎月3回 (第2水曜日、第4水曜日、第3土曜日)

勉強方法

全国事業所での介護事務コンピュータ導入率が100%のため、この介護保険請求事務に必要不可欠なのが、現場で使用される介護支援コンピュータをマスターすることです。試験当日に、介護支援コンピュータを始めて使用するのでは心配ですが、通信教育講座の中には介護支援コンピュータを体験できるCD-ROMを使用し、実習することが可能な場合があります。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る