医療事務の資格について

医療事務は、資格取得を目指す方の中でも人気の資格となっています。医療事務の資格の人気が高い理由の一つに、一度取得しておくと日本全国どこの病院でも通用するので、出産や育児後の女性にとっても再就職しやすいと言うことがあるでしょう。ここでは、医療事務について詳しく述べていきます。

医療事務の資格について

医療事務の資格取得の方法としては、まず講座を受けて受験資格を得てから受験、という流れが一般的ですが、独学で取得することが可能な資格もあります。医療事務の資格の一覧を見ると、あまりの種類の多さにどの資格を取るべきかわからなくなることもあるかもしれませんが、講座を開講している学校の説明会に行って医療事務の資格についての話を聞くと参考になるでしょう。

医療事務の資格はたくさんある

医療事務の資格はたくさんありますが、その中でも3大資格と言われているのが、メディカルクラーク(医療事務技能審査試験)、医療事務管理士技能認定試験、診療報酬請求事務能力認定試験となります。中でも診療報酬請求事務能力認定試験は比較的難易度が高いため、実際に仕事に就いてから取得する方も多くいらっしゃいます。

国家資格ではなく、民間資格

医療事務に関係する資格は数多くありますが、医療事務の資格は国家資格ではなく、厚生労働省が認定している公的資格が2つ、それ以外はすべて民間資格です。もちろん資格を取得しないとその業務に就けないということはないのですが、実務経験が重視されることが多い為、資格があるから必ずしも就職が決まるという訳でもありません。

目的や業務内容に応じて適切な資格を取ろう

ひと言で医療事務といっても、病院で働きたい方向けの資格や、調剤薬局で働きたい方向けの資格があります。自分が目指す目的や業務内容に合った資格を取ることが重要です。また、どの試験もレセプト業務の能力を問うものがありますので、レセプト業務の基本知識が必要とされます。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る