医療事務の資格取得方法

最近女性に人気なのが医療事務の資格ですが、病院や調剤薬局で働いている全ての方は、医療事務の資格を取得しているものなのでしょうか?また、医療事務の資格はどなたでも受験できるものなのでしょうか?ここでは、医療事務の資格取得方法や資格を取得するタイミング、受験資格や勉強方法などについて述べていきます。

医療事務の資格取得方法

医療事務の資格を取得するには、医療事務の各講座の通信教育やスクールが充実していますし、テキストや過去問題集などを利用して独学で勉強するという方法もあります。子育て中などで時間の融通が利かない方は、通信教育や独学で勉強するのが一番ですが、実技で必要になる専門のコンピュータの使い方に慣れるにはスクールに通う必要があります。

資格は、入職前に取らなきゃダメ?

医療事務は民間資格のため、資格が無くても就職可能なことがほとんどですが、医療事務の資格を取得していると知識があることの証明になります。また、職場によっては既に勤務していても、業務に活かせる医療事務の資格を取得すると資格手当が付く場合もあります。

まずは受験資格を確認しよう

多くの医療事務の資格の中には、運営者が指定した教育指定校に通学し、必要な専門知識を養った上で資格認定試験に合格した者のみが、資格の認定申請できるというものもあります。このような場合は、独学だけで資格を取得することが不可能になるので、事前に受験資格をよく確認することが必要です。

通学、通信講座、独学など

実技でレセプト作成がある場合、レセプトコンピュータの操作方法に慣れておく必要があります。そのような場合は独学で資格を取得するのは難しいので、出来れば短期間の講義を受けて、レセプトコンピュータの操作方法を理解し、参考書や過去の問題集などで試験問題の傾向の把握や対策をたてると良いでしょう。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る