保険証の理解

病院に行くと毎月必ず保険証の提示を求められますが、
「面倒だなあ。」とか「いつも同じなのに。」とか感じたことはありませんか。
ここでは、保険証の役割などを詳しくお知らせします。

なぜ毎月健康保険証を提示するのか

まず医療費の支払いのシステムについて理解する必要があり、
私たちが病院の窓口で支払っている金額だけで、
医療費がまかなえている訳ではないことを覚えておきましょう。

私たちが窓口で支払うのは全体にかかった金額の多くて3割、
では後の7割はどこから支払われるのかというと、
それが保険証に記されている健康保険組合から支払われることになるのです。

残りの7割の支払請求を、医療事務は毎月まとめて各健康保険組合に請求するため、
健康保険の資格が失効している人がいると、
その7割の請求は却下されて病院に戻ってきてしまうのです。

つまり実際にかかった医療費の7割を、病院はドコにも請求できなくなってしまうのです。
こういう事態を未然に防ぐため、患者には面倒なだけと思われる保険証の提示を
毎月してもらうようになっているということを覚えておきましょう。

また、最近では保険証を忘れた人には、
一旦医療費の全額を支払ってもらうケースが増えてきているようです。
その月内に保険証をもってくればすぐに返金してもらえるようですが、
病院も自衛手段として仕方なく行っていることだと理解しておきましょう。

保険証の何をチェックしているか

すでにかかったことのある病院では、
患者が加入している健康保険が変わっていないか、
同じ保険であっても記号・番号が変わっていないか、
また有効期限は過ぎていないか、などのチェックを行っています。

社会保険の保険証には有効期限の記載のないものがあり、
悪質なものは退職ギリギリに診療してもらって医療事務が健康保険組合に請求を出すと
「すでに退職したため却下」という返事が返ってくることがあります。
この場合、資格失効したにもかかわず保険証を与え続けていた健康保険組合側に非があるため、
病院側の請求が通る場合もあるのです。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る