未収金問題と予防策

医療事務をするものにとって未収金の回収は頭の痛い問題です。
どうして未収金が発生するのか、またその予防策などについてご紹介します。

未収金問題とは

現在日本では健康保険加入者の場合、
病院の会計で医療費の3割を患者本人に負担してもらうことになっています。
しかし病気になるのは突然のことで、
病院に駆け込んだ時に手持ちの現金がない場合などがあります。

その時に一部支払いをしてもらったりして、
次回来院したときに残金支払いの約束をして帰宅してもらうことなどがあるのです。
本当に突然で現金がなかった人などはすぐに支払いに来ますが、
なかには故意に忘れたふりをして医療費の支払いを行わない人もいます。

こうしたケースは稀ではなくなってきており、
低所得者層の広がりとともに全国的に起こっている問題なのです。
未収金が多発すれば病院経営を圧迫しますので、
医療事務としてそのままにしておく訳にはいきません。

医療費滞納者に対して、電話での督促→文書での督促→訪問での督促という様に、
方法を強めていって回収するのも医療事務の仕事なのです。
医療の仕事に関わりたいと目指した医療事務なのに、
取り立てのような仕事をするのはあまり気持ちの良いものではありません。

未収金予防策とは

未収金を回収するのは手間もコストもかかりますので、
発生させないために予防をするのが医療事務にとっては得策です。
そのためには保険証の提示を徹底させることが重要になってきます。
もし提示を促しても3ヶ月などの長期に渡って保険証の確認ができない場合は、
一度医療費の全額を支払ってもらう旨を伝えます。
全額が無理であれば、1万円などのある程度まとまった金額を支払ってもらいます。
保険証が確認できれば7割分はすぐに戻す旨を伝えることも重要になります。
この場合、院内でルールを決め文章などを出し、
患者にも周知徹底してもらうことで、より効果のある予防策となるのです。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る