病院とクリニックの違い

街中にある××医院や××クリニックと、一般の病院とは何が違うのでしょうか。
また医療事務として勤める場合に注意すべきことなどを調べてみました。

病院か診療所か

病院と診療所(医院、クリニック含む)の違いは入院ベット数で決まります。
診療所とは、入院ベットがないかまたは19床以下の施設のことをいいますが、
実際には診療所で入院施設の維持管理をするのは経営的に難しいため、
入院ベットのない診療所がほとんどです。

べット数20床以上の病院になると、常駐するスタッフの数も変わってきます。
診療所は医師の最低配置人数が1人に対し、
病院は医師の最低配置人数が最低3人、入院患者3人に対して1人の看護師、
薬剤師は1人を配置することが決められています。

医療事務として病院や診療所で働く場合の違いは、
病院の規模が大きいほど事務が細分化されているので、
レセプト作成ならレセプト作成ならだけ、医療秘書ならばスタッフのスケジュール管理だけ
というふうに仕事が決まることになります。
もし医療事務を始めたばかりで、一連の医療事務の流れを把握したいのであれば
診療所に勤務する方が適しているでしょう。

なんでもできる医療事務かスペシャリストになるか

入院ベット数が多くなればなるほど、医療事務の仕事は細分化されていきます。
受付は受付業務だけ、会計は会計業務だけ、レセプト作成は作成のみ、
請求書発行は発行のみというふうになります。

医療事務を目指す人は、それぞれになりたい目標があると思いますので、
まずは自分が医療事務の一連の流れをすべて経験したいのであれば
ベット数の多い総合病院ではなく、診療所というくくりの医院やクリニックで働くことをお勧めします。

ある程度経験を積んで、その道のスペシャリストになることを希望するのであれば、
レセプト業務、会計業務などと分かれている総合病院で働くことをお勧めします。
スペシャリストのメリットは、月単位の業務が決まっていることから
忙しい時期とそうでない時期が予め分かるということです。

あなたはどんな医療事務を目指しますか。

希望の医療機関に就職するために

希望する医療機関が決まっても、人気の診療科は求人倍率が高く、なかなか面接を通らない場面に出くわすかと思います。
他の就職希望者と差をつけるためには、医療事務の資格を取得しているかどうかがポイントになってきます。
特に、すでに医療事務職で働いている方には幅広く認知され権威の高い「診療報酬請求事務能力認定試験」の取得がカギになってくるでしょう。

また、各分野のスペシャリストや管理職を目指す方には「日本医師会医療秘書認定試験」「ホスピタルコンシェルジュ®検定試験」「医事情報・医療情報システムオペレーター」といった専門の資格試験があります。

今の仕事を続けながら勉強してステップアップをしたいとお考えの方には、時間の合間を縫って少しずつ学べる通信講座での勉強をお勧めです。
特に、あなたのスタイルに合ったコースを選べる医療事務講座を下のリンクから紹介しています。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る