医療事務はなぜ人気

医療事務の仕事が女性に人気のある理由を探っていきますが、まず最初に、医療事務の仕事内容を見ていきましょう。

医療事務の仕事内容は?

医療事務には様々な仕事がありますが、大きく分類すると、
受付業務と請求業務とに分類されます。

受付業務は、病院に訪れた患者さんと最初に接する場所ですので、病院の顔ともいえます。
そのため、笑顔と思いやり、即応力などが求められます。

こちらでは、予約等の確認、保険証の内容の確認、診察券の発行、
問診票記入の依頼、カルテ表紙作成、会計などを行います。
患者さんの受診課への案内や、待合室の管理なども、受付業務の仕事です。

同じ受付業務でも、初診受付業務と再診受付業務を別にしている病院もあります。
薬が出ている方に関しては、処方せんの注意事項などを伝える処方せん窓口業務があります。

カルテの作成は、新規の患者さんは受付で作成したカルテ表紙をもとに新しいカルテを作成し、
再診の患者さんには既存のカルテを探します。
各患者さんのカルテを使用するページを開き、受診科の押印後各診療科に運び、
診療が終わった分のカルテを回収します。

大きな病院では、外来クラーク業務という各診療科に分かれた外来窓口での業務があります。
ここでは、患者さんと医師、看護師などの医療スタッフ、
請求業務などを行っている医事課などとのパイプ役を担っています。

そのほか、入退院の受付業務、病棟クラーク業務などがあります。

請求業務は、主に医事課で行なっており、
大きく分類すると、「会計業務」と「診療報酬明細書(レセプト)作成業務」に分類されます。

会計業務には、診療費の料金計算や一部負担金の算定、領収書などの発行などがあります。
医師が診療した内容をもとに、点数を入力するのが料金計算業務です。
現在は、多くの病院では専用ソフトを導入しており、点数を入力すると金額が出るようになっています。
料金計算業務の結果から、患者さんの一部負担金を算定し、請求・受取りを行います。

また、患者さんが診療費を払い漏れていた場合の未収金の督促や、
回収などを行うこともあります。
医事課では、カルテの管理・保管業務も行っています。

診療報酬明細書(レセプト)作成業務は、患者さんが支払った一部負担金以外の診療費を、
健康保険組合などの公的医療保険機関に請求する明細書を作成します。
この明細書のことをレセプト(診療報酬明細書)と呼びます。

レセプト作成は、請求業務のなかでも特に大切な業務です。
レセプト作成をいかに正確に且つ迅速にできる専門的知識と能力が求められます。

レセプト作成の他に、レセプトの点検、診療報酬請求書の作成・提出などがあります。

医療事務の魅力は?

医療事務のおおまかな仕事内容をご紹介しましたが、どんな魅力があるのでしょうか。

景気に左右されにくく、高齢化社会に伴い、医療事務の必要性が高まるため成長が見込まれています。
資格があった方が転職には有利ですが、資格がなくても就職も転職もできます。
また年齢制限もなく、経験豊富な人が採用されるケースも多数あります。

医療機関は全国にあり、基本的な仕事内容は同じなので、
転勤などの理由で引っ越しをしても、就職先を見つけることができます。

正社員、パート、アルバイトなど雇用形態が充実していることも大きな魅力です。
勤務時間も繁忙期のみ、半日のみなど比較的自由に選ぶことができるので、
子育て中の方など仕事と家庭を両立しやすいという点が、
女性に人気の理由のひとつと言えるでしょう。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る