医療事務に向いている人/求められる能力

努力して医療事務の資格を取得したけれども、
実際は全く違っていたと後悔することがないように情報をお伝えします。

どんな人が向いているの?

明るく笑顔を絶やさず患者さんに接することができる人です。
患者さんや家族は、健康に不安があり精神的にも不安定な状態なので、
明るい笑顔で対応することで少しでも安心してもらえるように接客することが大切です。

なにがあっても冷静に対処できることです。
医療現場では不測の事態が起こることがあり、
患者さんや家族の方がパニックになることもあります。
そのときは話を聞いたり、相談相手になるなど、冷静に対応できるかが重要です。

常に健康な状態を維持できるようにしておくことです。
自身の具合が悪い状態で接すると、患者さんに不安や不快感を与えてしまいます。

身だしなみを清潔にできることです。
患者さんの中にはアレルギー体質の方もいます。
匂いのきつい香水や汚れた服装は患者さんの健康に悪影響を与えかねません。

秘密を守れることです。
住所などの個人情報だけでなく、病歴など人に知られたくない情報を知る立場になりますので、
口の堅いことが求められます。

大きな声を出せることです。
受付などの業務では、患者さんの名前を呼ぶことがあります。
お年寄りなど耳の遠い方にもしっかり聞こえるように、大きな声を出せることが必要です。

必要な知識やスキルは?

医療事務の仕事に向いている人をお伝えしましたが、知識やスキルはどうでしょうか。

医療事務は未経験者でも仕事に就くことができますが、
勤務しながら診療報酬の点数を把握していくことが大切です。
また、制度が度々変わりますので、常に新しい知識を吸収していく勤勉さも求められます。

パソコンを扱えることです。
医療現場でもパソコンが導入されつつあり、データー入力のスキルのほか、
資料作成なども行うことがありますので、通常のソフトが使えると良いでしょう。
また、会計業務では正確かつ迅速なことが求められますので、
数字が苦手でない方が良いでしょう。

株式会社アビバ 医療事務講座

株式会社アビバ 医療事務講座

オススメ度★★★★★

サービス紹介ページを見る

資格の大原 医療事務講座

資格の大原 医療事務講座

オススメ度★★★★

サービス紹介ページを見る

シカトル 医療事務講座

シカトル 医療事務講座

オススメ度★★★

サービス紹介ページを見る