日本医療事務協会 医療事務講座

女性の資格取得で最も人気があるのは医療事務だと言われています。医療事務はブランクがあっても復職しやすいうえ、勤務体系も選べ、一般事務よりも高給であることが人気の所以です。
医療事務の資格取得のための講座を開いている日本医療事務協会についてご紹介します。

日本医療事務協会とは?

世間一般では知名度は低いですが、日本医療事務協会は保険請求事務技能検定試験を行っている組織であり、運営は日本教育クリエイトという医療系の教育や人材派遣、これらとは毛色の違うスクーバダイビングライセンス取得機関の運営やフラワーコーディネーターの養成など幅広く教育活動をおこなている企業です。
なお、保険請求事務技能検定試験は日本医療事務協会指定の講座を受講しなければ受験資格が与えられないため、この資格を得たい方が集まるところだとも言えます。

日本医療事務協会の医療事務講座とは?

日本医療事務協会では通信、通学ともに扱っており、中には通信か通学か限られてしまうものもありますが、基本的には受講者のニーズでどちらか選択することができます。
講座は多岐にわたり、医療事務の基本的な講座から、さらにブラッシュアップするための講座、そして就職先に特化した専門的な講座など、目的にぴったりあったものを受講することが可能となっています。
また、数ある講座をセットで受講することにより受講料を割り引く制度も導入されており、金銭的負担を減らすことができます。

日本医療事務協会の医療事務講座の特徴とは?

受講生が15万人を突破したという、この実績が大きな魅力であり、日本医療事務協会の最大の強みだといえます。また、前述のとおり保険請求事務技能検定試験受験者は必ず日本医療事務協会の医療事務講座を受講するために、病院などの就職先に卒業生が多数おり、就職率も高いと言われています。
ただし、通学を希望する場合は、全国に拠点があるわけではなくかなり限られた地域となるため、予めリサーチしておく必要があります。